【オヤツになる氷】ジュースを凍らすだけのシンプルさ!

料理

凍らせたジュース

子供も大人も美味しく食べれる冷んやりとしたデザート。単純にジュースを凍らしただけなんですけどね。

暑い季節が到来した時期

少しでも涼しさを求めたい

小さな氷ひとかけらを口の中に

チョットした幸せなひと時と涼しさを感じれる

そんな思いを手軽に味わえますよ。

甘すぎないジュース

リンゴジュースを凍らせる

今回使用したのは、何処にでも売ってある普通の100パーセントのリンゴジュースです。

果物系のジュースであればスキなものを選んでみて下さい。

 

 

ただ、甘すぎないものがイイですね。

せっかくの冷たいヒンヤリとした食感の後に甘ったらしいベトベト感が口の中に残るのは嫌ですから、なるべくなら果汁100パーセントのものをお勧めします。

特に暑い季節はサッパリ感を味わいたいですから。

作り方は説明の必要はありませんよね。ただ製氷皿、製氷カップに買ってきたジュースを注いで冷凍庫に入れるだけです。

製氷トレイ

ジュースで作った氷にジュースを入れてみよう

ただ単に、氷を食べるだけでも美味しいですが、せっかく作ったジュースの氷をグラスに入れて同じジュースを注いで下さい。ただの水で作った氷を入れたものより見た目もいいですし、味もひと手間かけたたぶんだけ美味しくいただけます。

 

まぁ、ひと手間て言ってもただジュースを凍らせるだけですが。

来客の際などに出すジュースに、チョットした一工夫を取り入れてみてはどうでしょうか。

幸せを感じる最高な食べ方

私が一番美味しいと感じて幸せな気分になるのは、お風呂上がりに氷を口にするときです。

お風呂で温まった身体がキュッと引き締まる感が最高です。

100パーセントジュースでしたら甘くなくサッパリ感があり最高ですね。

リンゴジュースやオレンジジュースはオススメできます。

また、さまざまなジュースで氷を作り、出来た氷をお皿にひきつめて、その上にフルーツをのせてもいいですね。見た目め色とりどりで氷までたべれるのですから。

是非おためしあれ!

子供たちもよろこびますよ。

チョットした工夫が旨味を加速する

デハまた!

コメント