【モヤシを使っておつまみ】美味しいけど油がクドイときは?

料理

酒の肴に!美味しいモヤシの簡単おつまみだよ

もやし炒め

作り方は本当に簡単です

先ず、モヤシを水で洗います。ザルに上げて水気を切ります。フライパンに油を入れ、ニンニクをスライスまたは微塵切りしたものを入れます。ニンニクに程よく火が通ったらモヤシを投入します。

ここからが勝負!モヤシは、すぐに火が通るので、1分かからない程度でサッと炒めます。最後に塩と黒胡椒をふりかけて混ぜたら完成です。

【材料】

モヤシ

ニンニク

黒胡椒

たったこれだけです。材料代100円以下。もしかしたら50円以下かも?塩、胡椒以外は、いつも言っています様にお好みでどうぞ!

胡麻油大好きなonly としては、フライパンに入れるサラダ油やオリーブ油の代わりに胡麻油を入れたくなります。

ただ、香りが強いため使い過ぎると、他の料理まで胡麻油風味になってしまいます…。ニンニクも大好物なのですが、こういった香味の強いものは適量に抑え、上手く利用した方がいいと思います。

味が濃い過ぎるたり、油分が多いと気分がワルクなり、せっかくの美味しいオツマミが台無しになってしまいます。そこでわたしがヨクのがコチラ

大根おろし ちりめんじゃこ

そうなのです!ズバリ

大根おろし

油濃いものとは相性バツグンですね〜

わたしは、カナリ多用しています。

大根おろしだけでは味気ないので他の料理と比べながら、醤油を入れたり、カツオの削り節チリメンじゃこなどを入れてます。わたしの大好きなネギや、一味唐辛子などなども入れたりします。これだけでも美味しいくらいです。

ポン酢などを加え、先ほどのモヤシ炒めなどを一緒にいただいても最高ですねー。

酸味の効いた料理ですと、多少アブラ濃い炒めモノや焼き物でもカナリ食べれます。

まぁ、適量に食べるのが一番なのですが。

天ぷらのツユに入れたり、焼き魚に足したり言わずと知れた名脇役なのです。

使い方は、多用多種。

大根をおろして使わなかった分は、冷蔵庫に保管しておいたらOk

朝から、大根おろしと漬物で白米がナンバイでもいけます。いろいろな薬味と織りまぜることで味に変化をつけることができます。

料理を作るときに何時もかんがえること。食べる順番や好み、料理を出すタイミング、食べている方の顔色一つで次にだす料理の味つけがかわる可能性もありますね。そんな気持ちが料理を上手くするコツかもしれません。

些細なことかもしれませんが、いつも言っている

チョットした工夫と一手間が料理が旨味を加速させる!

ではマタ!

コメント