料理しながら英単語も覚えてしまおう!

英語

好きな料理で英語を学ぶのはなぜ?

クッキング大好きonly です。

普段の生活のなかに英語を取り入れる努力に励んでいます。毎日の食事のため朝から料理することは、皆さんにとって当たり前の日課ではナイでしょうか。

朝マックやコンビニで済ます方もいらっしゃるでしょうが。なぜ朝からか?夕食の準備でもいいのですが、私なりの意見を言わせていただくと、1日のスタートに英語で考えるモードで始める。その日に少しでも英語に触れる機会をアタマの中に認識させる。みたいな感じです。

英語と料理

photo credit: wuestenigel London: Christmas by the River via photopin (license)

コンビニで朝食を選ぶ方でも、英語で考えればいいのではないかと思いますよ。例えば、今日はセブンイレブンでコーヒーとサンドウィッチを買おうかな?とか。

料理の仕方を英語で言ってみる

お湯を沸かす、炒める、揚げる、調味料を加えるなどなど。意外と日本語では普段に使う簡単な動作を英語で言うとなると、頭の上にハテナマークが付いてしまいますね。

もちろん私も例外ではありません!簡単な料理用語を英語で覚えて、口ずさみながら料理してみてはいかがでしょう。自分がクッキング番組の司会者、または料理人になったつもりで他の人に今作っている料理を実況中継するように。

毎日のことですから、イヤでも覚えてしまいますね。最初は、わからない単語を調べて、徐々に増やしていくのがいいと思います。

毎日繰り返していくと、コレ英語で何ていうのかな?って気になってきます。そうなればしめたものです。

明らかに英語にハマってしまっているでしょう。

わからないから調べるという行為は欲求を満たしたいからではナイでしょうか。英語に対する欲求が出てきているのかもしれませんね。

せっかく調べた英単語や表現は忘れてもまた調べればいいでしょう。何度も同じことをおこなえば自然に記憶に残ります。メモにしておいて毎日見る習慣にするのもいいでしょう。

やはり習慣化することが大切なんだ!

日頃から、というよりいつでも英語で何ていうのかな?とか、簡単な英単語や文章でいいですから考え、口にしてみることデスね。

そんな表現は英語ネィティブは言わないよって言われても、とりあえず考えてみる。少々間違いがあっても気にせず英語で考えてみる。あとから適切な英語表現が身に付いてくるのではないかと思います。

前回もお話させていただきましたが、ネット検索すれば、たくさんの英語サイトがありますのでご自身が気に入ったサイトを探してみてくださいね。

私はまだまだ修行の身ですので人様に英語を教えるなど数万年早い身です。ただ、今までの英語を学ぶにあたり気付いたことやお役にたてそうなことはココに記していきたいと思います。

ココを見ていただいてる方と少しでも英語が上達出来れば嬉しいです。

ではマタ!

コメント